水彩画で川や海などの風景画を上手にえがく描き方3つのポイント

水彩画で海や川を描くのは難しいと感じる人が多いと思いますが
ポイントを抑えることで、水彩画で海や川の描くのも意外と簡単になります。

そこで、水彩画で海や川を描く際には
【必ず押さえておきたいポイント3つ】
がありますので是非、見逃さずご参考にしてください!

➡【プロから学ぶ】自宅でラクラク!水彩画で川や海をコツとは?

川や海などの風景画を上手にえがく
【必ず押さえておきたいポイント3つ】

ポイント①【グラデーションを利用】

海や川を描く際にポイントになるのがグラデーションです。

グラデーションを駆使することで雰囲気が出ます。

とくに海では奥の方を濃い青にし手前を薄くするだけで上手に描けます。

ポイント②【波を表現する】

海や川など水関係の水彩画では波を表現することがポイントです。

波を表現することで、よりリアルな描写になります。

水の泡(白波)は遠くでは密集しているように見えるものです。

逆に、手前の水の泡は間隔が広くなります。

遠近法を用いて上手に波を表現することができればリアリティを感じることができます。

ポイント③【水分を十分含ませる】

海や川を描く際には、十分に水分を含ませるのもポイントです。

当たり前ですが、海や川は水を表現することになります。

そのため、筆に十分水分を含ませなければ水の表現が上手にできません。

水分が足りない水彩画では水らしくなく、海や川が上手に描けません。

そのため、海や川を描くときには十分水分を含ませるのがポイントなのです。

これらの3点が水彩画で海や川を描くポイントになります。

ぜひ上記3点を駆使して上手に海や川の水彩画を描いてください。

水彩画を効率的に自宅で上達するには?

こちらでは水彩画で海や川を描くコツを見てきたわけですが
こうした感性を大切にするところに関しては文章で表現するには限界があります。

今後こちらのサイトではそうした部分に対して
よりわかりやすいコンテンツをご用意できればな?と考えています。


・自宅で好きな時に水彩画のプロから学べる
・色の塗り方に差が出る
・どんなデッサンでもラクラク

➡詳しく知りたい方はこちら!

【関連記事】

水彩画初心者の為の下書きの描き方3つのポイント!

初心者向け水彩画の描き方風景や人物画も学べるレッスン!

先週久しぶりに実家に帰省してきた時の事ですが
数年ぶりの帰省だったのですが、なにも変わっていなくてなんとなくホッとした気持になりました。

帰省してからは旧友に会ったりして、充実の時間を過ごすことができて
やはり、地元の友人というのは良いものですね。

また、実家では自分の部屋の片づけをしてきたのですが
高校時代に使っていたモノが出てきて古い感傷に浸ってしましました。

よく勉強していたと感心した

いろいろ書き込んだ参考書やノートを見るとよく勉強していたと感心したりして
他にも、高校時代に美術部に所属していたときの作品も多く出てきましたし
懐かしい作品ばかりで美術部に入部したときのことを思い出しちゃいますね。

美術部に入学してすぐに教えてもらえたのが水彩画の描き方で通っていた高校は田舎にあり、川や海が近くにあります。

そのため、部活の時間には川や海に行って風景画をよく描いていました。

水彩画で海や川などの風景画の描き方は意外と難しいのです。

しかし、毎日描いていればいやでも上達するもので実家で見つけた作品もだんだん上手くなっていることがわかります。

やっぱり継続は力なりですよね。

まとめ

そんな風に先週は懐かしの高校時代を振り返ることができました。

そして、ちょっとこれから水彩画を描いてみたなんて思っています。

だから早速水彩画の道具を買ってきました。

これから美しい風景画を描きに行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする