イヌやネコの毛並みや毛の色が変わる境目を自然に表現するコツ

水彩画で何か描こうと考えた時に
人物も良いですが
家族として、またペットとして飼っている
ネコやいぬを題材にしたい方も多いと思います。

上手に描けたら嬉しいですからね^^

毛並みや毛の色が変わる境目を自然に表現するコツ

これは余談ですが
あるフランスのビーズデザイナーが来日して
これまた有名デパートでいわゆる
ポップアップという催事で
自分の好きな物をオーダーできる
イベントがあった時には
ペットの画像を持ってきて
ビーズのブローチを作ってもらう人が
勢いるそうですよ!

家族同然ならばこうした事は
自然な成り行きの行動でしょうね。

話を戻すと水彩画でネコや犬は
描いてみたいと思うのは誰でも
思う事だと思いますし凄く理解できます。

イヌやネコの毛並みや毛の色を描く難しさ!

しかし、実際に描いてみると

いがいに難しいのは
表情を決定する目や
全体の雰囲気を決める
毛並みの表現が難しいと感じてしまうのではないでしょうか?

また、色の変わり目は
上手に表現するのに
技術が必要ですよね。

このあたりはスキルも必要ですが
ある程度の経験も
必要になって来るのではないかと思います。

可愛がっている家族なわけですから
上手に描きたいと考えるのは当然ですからね!

表情豊かなイヌやネコを
簡単に描くコツなどを
今後、調べてお知らせしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする